bn_mirai_ticket.jpg
未来チケット画像.jpg

​×

​プロジェクト

​未来チケットプロジェクトについて

​新型コロナウイルスの感染拡大により、大きな影響を受けた飲食業界を支援しようと、飲食店・宿泊施設など応援の一環として、周南料飲組合と周南市徳山駅前賑わい交流施設(指定管理者:カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社)は、「食」を通じた新しいコミュニケーションや価値観を提案しているGigi株式会社(本社:福岡市)の提供サービス「ごちめし」を活用し、市内飲食店支援のプロジェクト「さきめし」を共同で開始します。また、同時に、WEBを活用できない方向けにも支援頂ける仕組み「未来チケット」も「周南料飲組合、周南西料飲組合」と「街の飲食店有志」で開始致します。

​ごちめしとは

お店の美味しいお食事を、贈る人がお店に来なくても、先払いをして友人や知人にお店でご馳走ができるサービスです。お店の手数料は一切ありません。

「さきめし」とは

「ごちめし」のサービスを活用し、新型コロナウイルス感染症の影響を受けている飲食店や宿泊施設を応援したい方が、「後で食べに行くよ!」の応援の気持ちをこめて食事代や宿泊代を先払いします。事態終息後に訪れることで、休業や短縮営業中の店舗様を支援し

ます。

​未来チケットとは

今、お店に行けなくても「将来食べに行く」ことを想定し、前払いでチケットを買うイメージです。1枚2,000円のチケットを参加店がそれぞれ発行しています。チケットを購入した人は、店の廃業しない限り無期限で使うことができます。

チケットは、名刺サイズの縦9センチ、横5・5センチで1枚2千円相当。それぞれの店がチケットの裏に店の印を押すなどして発行し、利用客に2千円と引き換えに手渡す。新型コロナウイルスの感染拡大が収まってから、店を訪れ2千円分の飲食を楽しんでもらう。

チケットの販売で集まったお金は、各店の当面の運営資金となります。

 

尚、店は資金決済法上、「自家型発行者」となり、それぞれの店の未使用チケットの残高が年2回の基準日に1千万円を超えなければ、届け出は不要です。

​子ども未来チケットとは

同じ未来チケットでも、「子どもたちが使える」1000円チケットです。

​地域の企業が「子ども支援」と「飲食店支援」両方を同時に支援する為、協賛して発行される未来チケットです。

発行者は、「周南ちるちあネット(周南子ども支援ネットワーク)」です。

企業からの協賛金を、周南ちるちあネットに振込完了された時点で、チケットが発行されます。

​その後、子ども食堂や子ども支援窓口から、地域の子ども達へ配布されます(数に限りがある為、

​全ての方へ配布されるわけではございません。)

© 2022 周南料飲組合